一戸建ての地番と家屋番号

リビング

一戸建ては、通常、土地とその上に建つ建物の2つの不動産から構成されており、不動産登記法上も異なる不動産として、別々に登記されます。

土地の場合は、日本全国の土地のうち特定されたものとして「地番」という番号が付けられます。この番号は、必ずしも住居表示(郵便物が届く住所)と一致しません。あくまでも事務処理上、ある土地を特定するためだけの番号です。

また、建物にも不動産登記法の便宜上、1つ1つの家に「家屋番号」がつけられます。

エクステリアとは外構のことをいいます

エクステリアとは、一戸建ての住宅において、建物が占めている面積以外の土地に何らかの工作を行うことをいいます。

たとえば、玄関から道路までに土地があれば、その間に庭をつくったり歩道に石を並べたりします。また、隣の家との境に門塀をつくりお互いに見えないようにして干渉を避けたりします。

マイホームを購入した時には、家本体のことばかりに意識がいき、このエクステリアまで配慮が回らないのが現状で、住み慣れてからリフォームをする人が多いのです。

エクステリアの歴史と今後

エクステリアの発祥は、敵の侵入を防ぐために建物の周りに張りめぐらせた土壁や石壁、水濠などであると言われています。

それが現代にまで通じると、役割を変更して、家の外観を良くするための実用的な飾りへと進化を遂げました。ガーデニングブームなどと合わさって、現代日本では一大産業として定着するに至りました。

今後もエクステリアはさらに注目がされていくと言われています。素敵な外観は家の価値を高め、クオリティオブライフを向上させてくれるものだからです。

エクステリアで一戸建ての外観をリフォーム

エクステリアによって外観をきれいにすれば、家の印象というのは大きく変わって見えるようになります。

リフォームで床や柱壁などの家の古くなった場所を治すのであれば、外観も一緒にきれいに直せば新築の一戸建てと見間違うくらいの仕上がりになります。

エクステリア工事では、駐車場に屋根をつけたり収納を増やすといったことができますし、庭をきれいに好みに合わせて造成することもできます。門なども広く使いやすくしたり防犯力を高めることも可能です。

リフォームの方法

リフォーム 玄関

一戸建ての門から玄関にいたるエクステリアのリフォームは、家の前を通る人に、その家に住む人のあり方を伝えるものです。

塀に囲まれた内部空間は、外側からは見ることができませんが、門構えの空間は、個人のものであって公共のものでもあります。これは一軒一軒のあり方で、その街並みが決まってくるのです。

街並みに不調和な門や、塀、原色の色などは避けるべきでしょう。
季節を感じさせてくれる新緑や、木陰を作ってくれる庭木は前を通る人の心を和ませてくれます。

一戸建てのエクステリア改修で効果あるリフォーム

リフォームは、一戸建ての価値を維持するために役立ってくれます。老朽化した住宅は、新築に比べてその価値がずいぶんと下がります。生活にも不便がもたらされるようになる事から、時期を見て改修する事が必要です。

特に見逃しがちであるのがエクステリアの部分であるため、住宅周囲の設備を見直すことで、以前よりも生活が便利で快適なものに変わります。リフォームがもたらす効果を見逃さない事が、快適な暮らしを実現することに貢献します。

プライバシーが守られる一戸建て

プライバシーが守られる一戸建ては自由度の高いことで人気の住まいで、建てる場合に家族一人ひとりの意見を反映されて理想の住居を建築することが可能です。

また庭が付いているので植栽に工夫したり、ガーデニングや家庭菜園を親子で楽しむことも簡単にできるのが特徴です。子どもの成長や築年数を考えてリフォームしやすいのもメリットです。

外壁や屋根、車庫、門扉などのエクステリア部分をお洒落にすることで個性的な雰囲気を演出できます。

一戸建ての外観のリフォーム

一戸建ての家の玄関から門扉までがコンクリート造りのところをよく見かけますが、新しいうちはまだよいのですが、古くなってくると見栄えが悪くなります。

そこで、玄関から門扉までの導線を石などでデザインすることで、殺風景に見えた外観をかなりおしゃれなものにすることができます。

たったこれだけのことですが、華やいだ印象を与えることができます。
インターネットで検索して、業者をいくつかをピックアップし、資料請求や問い合わせをして選ぶとよいです。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031